ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
タイトル

制作はなにげに、「ゲームフリーク」でござーる。







ブログ代表
こんにちわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

今回発掘した作品は、NECホームエレクトロニクスが1996年7月というPCエンジンの末期にコッソリと発売した、『バザールでござーるのゲームでござーる』です。開発はなんとゲームフリーク!それだけに、派手さはないもののきっちりと丁寧に仕上げられています。



バザール バザールでござーるって、そもそも何?
redline

バザールでござーる

『バザールでござーる』とは、NECの販売促進キャンペーンのために生まれたキャラクターです。プロデュースをしたのは、『だんご三兄弟』や『ドンタコス』のCMでおなじみのメディアクリエイター・佐藤雅彦氏。CMは、バザールで毎回、NECの販促キャンペーンの告知をしながら、「NECのお店に行くでござーる」と言うのだが、毎回さまざまな妨害にあってお店に行くことができず、CMは「バザールでござーる~♪」のジングルで終わるというシリーズになっています。

▼参考動画▼


近年ではすっかり見る機会が減ったバザールくんですが、公式ホームページは健在。しかも、Twitterまでやっていたりします。

1990年代は、NECの広告塔と言えるほどの存在だったバザールくん。任天堂にマリオ、セガにソニックと、ライバルハードには人気キャラクターがいましたが、PCエンジンの場合、「PC原人」はいまいちパンチが弱く、ブランドを背負うキャラクターは長年不在のままでした。

そのような状況に危機感を覚えていたのかいないのか、NECホームエレクトロニクスはPCエンジンの末期になって、突如、バザールくんを主人公としたゲームの発売を高らかに宣言するのでした。そして、1996年7月にPCエンジン用ソフトとして『バザールでござーるのゲームでござーる』が発売。後継機であるPC-FXの発売から、すでに1年半が経ったタイミングでしたけどね。



バザール 『バザールで(略)でござーる』って、どんなゲーム?
redline

上記のTVCMの雰囲気をそのまま活かした、「正解の行動を探っていくパズルゲーム」です。といっても、よく分かりませんよね?

gamegamen
これが、ゲーム画面。

画面中央に「!」のついたアクションポイントがあります。ここでどんな行動をするかを指示し、バザールがきちんとゴールまでたどり着ければOK。たどり着けなければ、CMと同じように「バザールでござーる~♪」とジングルが鳴ってゲームオーバー。ほとんどゲームを操作せず、結果を見守っていくというゲームです。

ステージがスタートすると、画面をスクロールして、どんな障害物があるか、どこにアクションポイントがあるか、確認できます。それを見て、バザールの行動を予測して、正解となるアクションを探していく。まさに、大切なのはトライ&エラーの精神なのです。

とはいえ、ゲームオーバーになっても、何度もやり直しがききますし、逆に失敗を楽しめるのが、バザールの魅力!ステージが先に進むと、バザールのアクションが増えたり、それによってクリア方法も増えていくことに。

▼ゲームはこんな感じ▼




02
バザールの部屋には最初は何もない。

03
ステージ中にゲットしたお金で、インテリアを買うことができる。

04
バザールが操作方法を親切に教えてくれる。

05
このようにステージはつづいていく。

06
ゲームオーバーもある。


やり込み要素なんてないし、ステージクリアの解法もそんなにパターンがあるわけじゃない。これは、ちょっと時間が空いたときに、片手まで頭を空っぽにして、バザールくんを愛でるゲームです。バザールくんのバザールくんらしさがとても出ている、いい作品といえるでしょう。

ちなみにPCエンジンの末期に発売された作品のため、出荷本数は少なく、現在はプレミア化してしまっています。私が買ったときには、店頭に3枚しか置いてありませんでした。


  


1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!


=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の温情によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。