ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
famitan

死人甦り伝説が残る明神村――。その村の名士、綾城家の当主キヌの突然の死。莫大な財産はだれが継ぐことになるのか。しかし、キヌが残した遺言に記されていたのは、"綾城家の正統な後継者にすべてを譲る"という文言。正統な後継者とはどういうことなのか。そして、調査を開始した少年探偵を襲う謎の影。争う後継者候補たち。消えた後継者。消された後継者。隠された後継者。知られていない後継者。そして起こる連続殺人事件。事件を解くヒントは、失われた記憶の奥にある。

さあ今宵も、歴史に埋もれしレトロゲームの魅力を紐解いていこう――。






ブログ代表
こんにちわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

今回、発掘した作品は、1988年に任天堂から発売されたディスクシステム用アドベンチャーゲーム『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』です。ディスクカード前編・後編の二部構成となっており、前編は4月27日、後編は6月14日の発売されたのですが、前編がいいところで終わったため、後編が発売されるまでの約ひと月のブランクはとてもモヤモヤさせられたものです。


ファミコン探偵倶楽部_2


ファミコンのディスクシステムとディスクカードは、そもそも「ROMの価格高騰の対策に向けて、安価で大容量の媒体を」というコンセプトで作られました。当時のパソコンの記憶媒体もフロッピーディスクが主流でしたし。そのため、PCゲームでは、ディスク枚数を連ねたゲームが多数発売されていたのですが、書き換え500円・子供向けハードだったファミコン・ディスクシステムでは、そのような方向性に進むことはなく、唯一、任天堂がリリースした『ファミコン探偵倶楽部』シリーズ、『ふぁみこん昔話』シリーズ、『タイムツイスト』、データイーストの『探偵神宮寺三郎 危険な二人』などで「前編」「後編」の二枚構成というゲームが展開されるに留まっています。






あゆみちゃん 少年探偵モノで、横溝正史的事件を扱っちゃった!
redline

さて、本作はオーソドックスなコマンド式アドベンチャーゲームです。この当時のゲームで近いカタチは、エニックスの『ポートピア連続殺人事件(ファミコン版)』でしょうか。

ポートピア連続殺人事件

しかし、タイトルに「ファミコン」と付いていることからもお分かりのように、少年・少女たちをメインターゲットとしているため、一部の推理系アドベンチャーにある、「プレーヤーが推理して、調べる場所や捜査方針を考える」という色はかなり控えめ。一部、3Dダンジョン風の地下迷路(ポートピア連続殺人事件のオマージュ!)や、虫眼鏡アイコンで調べる箇所を探す(これもポートピア連続殺人事件のオマージュ!)がありますが、基本的にはコマンド総当たりで進められる親切設計です。

かなりマニアックな話をすると、文字のフォントやメッセージスピードも「やさしく」、ユーザーインターフェースにまでこだわる任天堂の職人芸が垣間見えます。ただし、今のゲームに慣れていると、瞬時表示などができないといった面もありますが、まあ、それもこの時代のゲームの“味”だと思いましょう(笑)。

というわけで、

ストーリーを楽しめるように作られた本作は、他の推理ものアドベンチャーと決定的に違うところは、主人公が「少年探偵」である点。そして、遭遇する事件が、日本土着の風俗と怨念がうごめく横溝正史の世界観という点ではないでしょうか。

二十面相の呪い

「少年探偵」は、言うまでもなく、江戸川乱歩による少年探偵団シリーズからの発想。主人公が雇われている空木(うつぎ)探偵事務所の探偵空木は、さしずめ、少年探偵団の後見人である明智小五郎がモデルです。すぐ首元に麻酔針を打たれて眠ってしまうアレとは違いますよ。

名家の当主死亡による奇妙な遺言、死人甦り伝説、相続のために起きる連続殺人事件…。このあたりは、横溝正史の探偵金田一耕助シリーズで有名な『犬神家の一族』の影響を色濃く受け継いでいます。もう少し踏み込んでいうと、『八墓村』のネタもあります。横溝先生の作品は小説だと読みづらい面もありますので、市川崑監督の映画版はオススメです。興味がある方はぜひ。

ファミコン探偵倶楽部_565

話が少し脱線してしまいましたが、このようなワクワクする要素二つのエッセンスをかけ合わせた『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』がつまらないわけがない!前編のパッケージイラストのおどろおどろしさは、そんな期待感を抱かせてくれました。そして、その期待は見事に応えられたのです。



あゆみちゃん 面白さの神髄は、お話を楽しめるADVであること!
redline

はっきり言いますが、本作にトリックを見破る・犯人を推理するという本格ミステリー要素を求めてはいけません。そこまでの内容はありませんから。


では、どういう面白さがあるのか。

個人的には、上にも書いた通り、市川昆監督の映画版金田一耕助シリーズの鑑賞感とよく似ていると感じています。陰惨な事件の顛末を安心して観ていられるのは、石坂浩二さんが演じる金田一耕助の人柄と、そして事件の情報をくれるユニークなわき役たちとの笑いを誘うかけ合いがあるからこそ。ちなみに、このあたりを映画では、大滝秀治さん、坂口良子さん、加藤武さんが、毎回別作品でも同様の別役で出演し、おなじみのかけ合いをするといった展開があります。というように、シリアスな物語をシリアスになりすぎず、ところどころでお笑いポイントを踏まえながら、まったく先に進めないという詰みがない程度の難易度でお話を楽しめる推理アドベンチャー。それが、『ファミコン探偵倶楽部』という作品の面白さだと思います。

たとえば、「みせる」というコマンド。普段は、捜査中に入手した写真や免許証を相手に見せるときに使用するのですが、ある相手に対して使うときに表示されるのは、「みせる ― おとこのやさしさ」だったり。

たとえば、「すいりする」というコマンド。普段は推理を進めるために使うのですが、ある場面では、「もうどこをどうやって推理すればいいんだ!」と主人公が愚痴を言うために使うことも。そして、パートナーのあゆみちゃんに励まされてゲームが進むことも。

ファミコン探偵倶楽部_779

事件の真相をつきとめるために、村の診療所の医師・熊田先生が新聞社の資料室にひきこもるのですが、しばらくして会いに行くと、いくら声をかけても返事がない。まさか死んだのでは…!と思っていると、寝ているだけだったとか。

ファミコン探偵倶楽部_787

このあたりのシリアスとお笑いのバランスは、コナミの小島監督作品の『スナッチャー』、『ポリスノーツ』、『メタルギアソリッド』に通じるところがあるかもしれません。

難易度が低めとはいえ、きちんと話を読んでいないと、「文字入力の答えが分からない!」という事態に陥る可能性はあります。ご注意ください。つづけて二度三度やりたいゲームではありませんが、一年に一度くらいやり直したくなる。そんな魅力が、この作品にはあると思います。

パート2である『うしろに立つ少女』は、学園ミステリーです。物語としては『消えた後継者』の2年前。空木探偵やあゆみちゃんと主人公が出会うお話になります。こちらも名作です。


     


1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!


=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の温情によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。