タイトル
初代以上に、悪魔城ドラキュラ。

コナミ、X68000最後のソフト。それは、ファミコンディスクシステム版『悪魔城ドラキュラ』を再解釈したのちに再構築したリメイク版でした。X68000というPCにおいて、コナミは主にアーケード作品の移植を中心に行なってきましたが、最後の最後でここでしか遊べないオリジナル作品を輩出。今ではプレイしづらいという環境も相まって、この悪魔城は伝説になったのです。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。






ブログ代表
こんばんわ、レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士です。

今回発掘した作品は、コナミが1993年7月にX68000用のアクションゲームとして発売した『悪魔城ドラキュラ(X68000版)』。ドラキュラはさまざまなハードに移植や制作されているのですが、こちらの作品は、ファミコンディスクシステムの初代『悪魔城ドラキュラ』の正統リメイク作品です。

SCRxa7



何が凄いのか?
redline

答え:すべてスゴイのです。

個人的に、レトロゲームの絶賛記事は胡散臭いのと書き手の自己陶酔が垣間見えてキライなのですが、本作については、作品のほぼすべてにおいて絶賛せざるを得ない。それだけのパワーとこだわりがある作品と思っています。

stage1-3 (1)



悪魔城ドラキュラという作品解釈
redline

個人的に声を大にして推したいのは、「初代『悪魔城ドラキュラ』という作品の解釈が的を射ている」というところです。

これ、作品のリメイクにおいてはとても重要なポイント。解釈を間違えると、往年のファンから総スカンを喰らってしまいます。『サンダーフォースVI』なんかは悪い例ですね。知らない方は調べなくていいですよ。

そもそも『悪魔城ドラキュラ』は、「ホラー映画の世界観をゲームに持ってきた」というところがベースにあります。そういう意味では『スプラッターハウス』と着想は同じともいえるかもしれません。

雑なレビューだとその題材を「B級ホラー映画」とくくってしまうのですが、個人的にはそこは異を唱えたいところ。ホラーの中でも、ゴシックホラー(ヨーロッパのゴシック風の古城や寺院で超常的な現象と遭遇する映画)であり、『魔人ドラキュラ』、『フランケンシュタイン』、『狼男』、『ミイラ再生』、『アマゾンの半魚人』といったユニバーサル・スタジオが制作したモンスター映画の世界観こそが、『悪魔城ドラキュラ』の源泉と思われます。

初期ドラキュラ三部作は、この世界観を色濃く継いでいるのですが、3作目の『悪魔城伝説』からはゲームとしての『悪魔城ドラキュラ』にスポットを当てた進化になったため、もともとの世界観は薄れてしまい、『悪魔城ドラキュラX』になるとほとんどなくなってしまいます。

そんな中で、このX68000版は原作の持つ世界観に着目した進化を進めた結果、「ディスクシステム時代にこれだけのハード性能があったら、悪魔城ドラキュラはこうなっていたかも!」という、ある種のパラレル進化を見せてくれている点が、本作のすばらしい点すべての「核」なのではないでしょうか。

stage7-4



シリーズを包括したうえでの原点回帰
redline

あと、ネット上のレビュー記事で指摘しているサイトを見たことがないのですが、本作は「初代からSFC版までのシリーズ全作」を研究している傾向が見られます。そして、ドラキュラの構成要素として質のいい部分を結集させている「総決算」のような作品です。

世界観は、初代『悪魔城ドラキュラ』や『ドラキュラII』をベースにしていますが、ムチの操作や斜め上攻撃や下段攻撃などは『SFC版悪魔城ドラキュラ』のものを採用。ステージ内のギミックや敵の攻撃、演出では、『悪魔城伝説』、『ドラキュラ伝説』、『ドラキュラ伝説II』、『SFC版悪魔城ドラキュラ』のものが使われていたり。

いうなれば、悪魔城ドラキュラ版ターンエーガンダム。中でも、『SFC版悪魔城ドラキュラ』への制作者の愛(もしくは執着?)の強さを感じます。

extra18



こだわりがハンパない
redline

本作は、プログラマー2名、デザイナー2名の計4名がメインという極めて少ない体制で開発されており、しかも4名全員がX68000での開発経験なし。フツウに考えれば、もう少し余裕を持たせるために、無難な作りにするところですが、各所にこだわっています。

例えば、タイトルデモ。いらないといえばいらないものですが、ドラキュラ復活を企む闇の集団による儀式の様子が描かれています。

例えば、ステージの背景。雷が落ちて燃え上がる樹木、風に流れる雲、PC内の内蔵タイマーによって変化する背景など。詰め込み方が尋常じゃありません。

例えば、音楽。X68000の内蔵音源かMIDI音源か選べるのですが、MIDIも数種類の音源に対応。しかも音が変わるだけでなく、すべて曲が音源に合うようにアレンジされています。

例えば、ステージのギミック。悪魔城のステージ構成は初代とは意図的に変えており、各所の雰囲気は残しつつも、次に何があるか分からない仕掛けが満載です。

ここにあげたのは、ほんの一例。マジで一例にすぎません。スゴさを語り出したら、ひと晩は語り続けられるほど。発売から25年がすぎても、そりゃ、ファンから愛され続けるわけです。

唯一の欠点は、難易度が高いこと

アーケード版ほどではありませんが、初見殺し満載。この悪魔城はマジでシモン・ベルモンドを殺しにかかってきます。しかし、死中に活を見出せるため、くり返しプレイしていくことで、やられないパターンを学習していけます。シリーズ最高レベルの根性は必要ですけどね(笑)。

stage7-2



真・悪魔城をご案内
redline

code-stage1d stage1-1


extra3 stage2-2


stage2-1 stage2-4


code-stage3b code-stage4c


stage4-2 extra9


stage5-2 stage5-4


stage6-1 stage3-4


stage6-3 stage8-2



今、この作品を遊ぶ方法は…
redline

残念ながら、X68000の実機とこのソフトを手に入れるしかありません。

▼購入される方はコチラ▼


あと、プレイステーションで『悪魔城年代記』というソフトに本作が収録されているのですが、100%の移植ではありません。こちらのソフトは、プレイステーション3のゲームアーカイブでも配信されています。

 



1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!


=注意=
この記事に使われているゲーム画面やゲーム音楽の著作権はすべて権利者にあります。当ブログは権利者の恩赦によって使わせていただいている立場ですので、権利者から削除要請があった際には迅速に対応いたします。