>>超兄貴シリーズ

◆ ご挨拶 ◆

このブログは、レトロゲームが好きな人 & これからレトロゲームを楽しみたい人向けの、レトロゲームの楽しさ再発見ブログです。歴史の中で埋もれてしまったそれらを発掘し、何がいいのか、どう面白いのかを、ちょっとマジメに考えて伝えようと思いました。専門家の方は、コメント欄でくわしい知識・思い出話で情報補完していただけると幸いです。

レトロゲームレビュー一覧

レトロゲームのシリーズ解説

ゲーム攻略記事

読者参加企画

【兄弟サイト】対戦格闘ゲームのコマンド表まとめ

【兄弟サイト】ゲーム以外のエンタメ情報


【惜作発掘】 『愛・超兄貴』――弾を撃たずに心を打つ。コンセプトは良かったんだけど作り込みが弱かったアイタタな続編!

愛・超兄貴01

「ただのバカゲー」という誤解の多い『超兄貴』シリーズ。二作目の本作は、前作でマッチョな姿で主人公の上下でクルクルまわっていた無敵じゃないオプションであり、人間界の王子でもあるアドンとサムソンが主人公。ポージングによって筋肉の美しさを前面に出すことで相手の心にインパクトを与えて敵を自爆させて倒すという、何回読んでも何を言っているのかよく分からないコンセプトで作られた、とても挑戦的な作品だったことを、私たちは忘れてはならないと思うのです。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を掘り起こしていこう――。



続きを読む

【筋肉発掘】 『超兄貴』――OH!マッチョダンディ!昔から憧れてました!

超兄貴01

人間は裏切るが、筋肉は裏切らない。昔、先輩から教わった言葉だ。PCエンジン唯一といえるこの筋肉シューティングもまた、ユーザーの期待を裏切らなかった。そんな『超兄貴』巷では「バカゲー」として紹介されることが多い。しかし、それはあまりにも無思考な筋肉バカのレビューといえるだろう。人間にだって600を超える筋肉があるのだ。どんな筋肉か、きちんと見極める必要がある。

さあ、今宵も、きちんとウォーミングアップをして、ほどよく筋肉をいじめ抜き、ともに極上のプロテインを味わおうではないか――。



続きを読む
00管理人はこんな人
RETRO GAME RAIDERS

ジョーンズ博士

ライターとして働くのは仮の姿。その正体は、ゲームメーカーでのプランナー経験を活かし、日夜、埋もれていく名作ゲームを発掘し、その真の価値を世の中に広めようとしている正義のアホ。そんな私を俺は、「レトロゲームレイダース」と呼ぶ。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで

00当ブログの受賞履歴

livedoor Blog
金イチオシ× 43記事
銀イチオシ× 10記事


FINAL FANTASY III
  キャッチコピーコンテスト
          
  「涙が止まらないのは、
   きっと、タマネギのせいだ。」



ファミ通ブログ大賞
          優 秀 賞

スカパーイメージキャラ
  ネーミングコンテスト
        優勝(一応)
 
マグレックス
 MG5000ブログレビュー
          当 選





00アーカイブだよ

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド


00こんな記事書いたよ

最新記事(画像付)
記事検索
ブログランキング