#コナミ

◆ ご挨拶 ◆

このブログは、レトロゲームが好きな人 & これからレトロゲームを楽しみたい人向けの、レトロゲームの楽しさ再発見ブログです。歴史の中で埋もれてしまったそれらを発掘し、何がいいのか、どう面白いのかを、ちょっとマジメに考えて伝えようと思いました。専門家の方は、コメント欄でくわしい知識・思い出話で情報補完していただけると幸いです。

レトロゲームレビュー一覧

レトロゲームのシリーズ解説

ゲーム攻略記事

読者参加企画

【兄弟サイト】対戦格闘ゲームのコマンド表まとめ

【兄弟サイト】ゲーム以外のエンタメ情報


【名作発掘】 『SDスナッチャー』、それはあったかもしれないもう一つのSNATCHER。

ブログネタ
未来に伝えたいレトロゲーム に参加中!

パッケージ

このハードボイルドは、
SD(すーぱーでぃふぉるめ)じゃ隠せない。


『ターミネーター2』という映画を観たことがあるだろうか?
妻が夕食の支度をしており、夫がアメリカンフットボールの中継に夢中になっているそんな平穏な夕食のワンシーンがある。しかし次の瞬間、妻の指は突如巨大な鉄の針と化して夫の頭蓋を貫く! 冷蔵庫に磔となり、ピクッピクッと痙攣を繰り返す夫。そう、妻はそま姿に擬態していたターミネーターT-1000だったのだ。

信頼をおいている人間が、実はその人ではなく「敵」。それはマジでブルっちまう極大の恐怖である。相手はこちらを常にうかがっているが、こちらは相手が敵だとは知らない。圧倒的不利な状況。ひょっとしたらアイツも敵なんじゃないだろうか? いやアイツに限ってそんなことは。そんな≪疑い≫によって人間社会を構成する信頼関係を崩すバイオテロ。それが、『 SDスナッチャー 』で描かれる2040年を舞台としたサイバーパンクなのだ。



続きを読む

【名作発掘】 『SNATCHER CD-ROMantic』――おもしろいサイバーパンク・アドベンチャーゲームって、こういうことさ。

スナッチャーCD-ROMantic_01

PC版『SNATCHER』は未完の美というものがあって。ストーリーとしては完結していないのですが、あれはあれで最高でした。そんなPC版の不足部分、もともと構想にあったACT3~5を大きく削ってACT3にまとめた『SNATCHER』の完全版が、PCエンジン版『SNATCHER CD-ROMantic』です。ちなみに『SNATCHER』は、PCエンジンよりも高性能であるプレイステーションとセガサターンに移植されていますが、こちらは開発スタッフが異なり、いろいろ改悪されていてストーリーは同じなんだけどもう別のゲームになっているので、完全版を知りたければ、PCエンジン版『SNATCHER CD-ROMantic』をオススメします。



続きを読む

【力作発掘】『PCエンジンハイパーカタログ4』収録のPCエンジン版『ときめきメモリアル』の予告編がかなりチカラ入っている件。

PCエンジンハイパーカタログ4-01

『PCエンジンハイパーカタログ』とは、小学館から発売されていたPCエンジン専門誌『月刊PCエンジン』の別冊ムックです。CD-romが付録していており、ここには毎回、近日発売予定の新作ソフトの体験版や予告編が収録されているのでした。特に、今回紹介する『vol.4』は、あの『ときめきメモリアル』の予告編が収録されており、これが結構力作だったりしたものですから、『vol.4』は一時期高値で取引されていました。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

【傑作発掘】 『SNATCHER CD-ROMantic パイロットディスク』――小島監督のこだわりがハンパない、発売決定記念パイロット盤!

スナッチャー_パイロットディスク01

第一報を聞いたとき、耳を疑いました。あの『SNATCHER(スナッチャー)』がPCエンジンに移植されるなんて。しかも、コナミのSUPER CD-rom2参入第一弾だって。どうやらギリアンたちがしゃべるらしい。画面が動くらしい。どうなっちまうんだ、『SNATCHER』は!期待と不安が織り交ざる中、発売決定記念のパイロット盤として発売されたのが、この『SNATCHER CD-ROMantic パイロットディスク』だったのです。そこでくり広げられていたのは、われわれの想像をいい意味ではるかに超える『SNATCHER』であり、本編の期待が上がるしかない内容でした。しかも、このパイロットディスク、ただの体験版ではなく、凝りに凝りまくったアイテムなのでした。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

【良作発掘】 『グラディウス(MSX版)』――もっと!愛が試されるグラディウス!

グラディウス1MSX

この世界は、美男・美女が有利に作られています。それは、人間の脳が目から取り込んだ視覚情報をメインにして物事を把握してしまうからです。ゲームの世界でも、似たようなことが言えるでしょう。グラフィックの良し悪しで、その作品に対する印象を決めてしまいがち。しかし、「大切なのは中身である」ということを、我々はMSX版グラディウスシリーズから教わることができます。

さあ、今宵も、歴史に埋もれしレトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

【10分で分かるシリーズ解説】『悪魔城ドラキュラ』シリーズまとめ

悪魔城ドラキュラシリーズ

この記事は、1986年9月にディスクシステムで発売された『悪魔城ドラキュラ』に連なるシリーズについて、物語的な面とゲーム面の解説をまとめたものです。『悪魔城ドラキュラ』はベルモンド一族と魔王ドラキュラとの戦いの物語。なぜ、彼らは戦いつづけることとなったのか。その戦いの果てに待ち受けるものは何なのか。追っていきたいと思います。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。

※2018年6月1日13時、解説作品追加。
※2018年6月2日17時、ゲーム画面追加。
※2018年6月3日17時、解説作品追加。
※2018年6月17日21時、解説作品追加。
※2019年1月11日17時、紹介記事へのリンク追加。



続きを読む

【異説発掘】 『グラディウス2 サンプル版』――製品版にはない、もう1つのグラディウス2の魅力に迫る!

グラディウス2デモ_記事タイトル

MSX版『グラディウス2』にはサンプルロムというものが存在します。これは製品版になる前のものなのですが、中古市場にたまに出回っていたりするんですね。その内容が、製品版『グラディウス2』と一部違うのです。今回は、このサンプルロムを持つコレクターの友人の協力を得て、こちらの紹介をさせていただきます。

さあ、今宵も、歴史に埋もれしレトロゲームの魅力を紐解いていこう――。

続きを読む

【10分でわかるシリーズ解説】 『MSX版グラディウス』シリーズまとめ

MSX版グラディウスシリーズ記事タイトル

MSX版『グラディウス』シリーズは、2作目『グラディウス2』の発売によってアーケード版とはまったく異なる展開を見せることになった。この記事では、そんなMSX版グラディウスシリーズ4作について、ストーリーとゲーム内容をまとめてみました。




続きを読む

【キミは知っているか?】 グーニーズの主題歌の歌詞はちょっぴりなつかしいあの夏風味♪

ブログネタ
未来に伝えたいレトロゲーム に参加中!
グーニーズパッケージ
『グーニーズ』のメインテーマBGMは映画版の主題歌、
シンディ・ローパーの「グーニーズはグッドイナフ」でした。



続きを読む

【名作発掘】 『グーニーズ(ファミコン版)』――さあ21世紀の大人たちよ、20世紀少年の心を取り戻せ。

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
グーニーズ-(J)_2
アーケードゲーム界の鬼軍曹KONAMIが見せた、
コンシューマゲームとしての優しさ。



アメリカ合衆国、オレゴン州の片田舎「グーンドッグ」。主人公マイケル・ウォッシュ(マイキー)には素晴らしい仲間たちがいた。メキシコ語がペラペラのお調子者の"マウス"。虚言癖があり、いつもみんなを楽しませる"チャンク"。風変わりな発明ばかりしている"データ"。学校の成績は良くなかったけど、みんな、最高のヤツラ。でも、クラスのハイソな者たちからは"グーニーズ(まぬけな連中)"といわれていた。そんな仲間たちとも別れの時が近づいていた。銀行からの借金のため、みんな家を立ち退かなければならなくなったんだ。運命の日の前日、屋根裏部屋で見つけた一枚の地図。それは、グーンドックに伝わる海賊「片目のウィリー」が残した宝の地図だった。ホンモノ?ニセモノ?そんなことは分からない。でも、チャンスがあるなら一歩踏み出してみよう。お父さんもお母さんも立ち退かなくていいように頑張っている。僕たちにだってできることがあるはずさ。
 
さあ、今宵も歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いてみよう――。 
 
(1月16日完結)



続きを読む

【名作発掘】 『コナミワイワイワールド』─―オールスターが夢の共演!今では実現不可能な世界観を楽しもう!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

タイトル
君たちのことは、きっと忘れない!


あのゴエモンが、シモン=ベルモンドが、マイキーが、コングが、月風魔が、モアイが、ひとつのアクションゲームで共演する!?その第一報を聞いたときは期待と同じくらい不安が湧いた。「たしかにコナミのアクションは安定して面白い。しかし、キャラクター性を無視して上辺だけ豪華なファミコンジャ●プみたいになるのでは…!」 しかし、それは杞憂に終わった。80年代のコナミヒーローたちの夢の共演!これは『牌の魔術師』を超えた傑作!1人プレイは面白いが、2人同時プレイだともっと楽しい!版権の都合により今ではもう全員が揃わないワイワイワールドを我々は忘れてはならない。

さあ、今宵も、時代に埋もれし、レトロゲームを魅力を紐解いていこう――。

※3月24日記事完結。



続きを読む

【名作発掘】 『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』――アルカード、闇に生まれし魔の狩人!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

タイトル

夜空に浮かぶ月だけが真実を知るのか?


時は1792年、ヨーロッパに再臨したドラキュラ伯爵はヴァンパイアハンターの青年リヒター・ベルモンド、そして退魔の力を持つ少女マリア・ラーネッドによって滅ぼされた。それから4年。伝説では100年に1度復活すると言われていた悪魔城が突如として出現。一方、リヒターは謎の失踪を遂げてしまう。この異様な事態に危機感を覚えたマリアは悪魔城を消すため、そしてリヒターの消息を掴むために再びドラキュラ城に向かうことを決意する。


同じ頃、ある男が深い眠りから目覚めた。男の名はアルカード。かつてヴァンパイアハンター、ラルフ・C・ベルモンドと共に父ドラキュラを倒した夜の一族。悪魔城の出現、そして自らの覚醒に宿命の時が来たこと感じたアルカードはかつての忌まわしき故郷に再び足を向ける。


さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いてみよう――。



続きを読む

【名作発掘】 『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』――シリーズ10(X)作品目!PCエンジンでドラキュラ再誕!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

タイトル
そして時は動き出す…。
ヒーローの名は、リヒター=ベルモンド!
 


古き良き時代――。人々は繁栄と平和のみをむさぼり続け、「おそらくこの先も不安な日々は来ない」、そう誰もが思ったに違いなかった。しかし、繁栄と平和の裏には、必ず邪悪なる者がいる。人々の繁栄を拒み、平和を堕落という。そして、闇の力を蘇らせ、堕落したこの世を創世し直そうとする者が集まった。いずれも笑みを浮かべて、この先の創世に期待を膨らませているのである。百年の後、再び邪悪なる者が復活した。その者はコウモリに、狼に、そして霧に姿を変え、主に夜を好んで行動する。若い女性の血を吸い、永遠の命を保っている者。悪魔城の城主、邪心の神、ドラキュラ伯爵の復活であった。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いてみよう――。

※2018年1月2日に加筆修正



続きを読む

【良作発掘】 『ツインビーりたーんず』――ドンナモンができるかと思ったらアンナモンができました。

ツインビーりたーんずタイトル
PCエンジンオリジナル作品

PCエンジンのツインビーといったら『出たな!ツインビー(PCエンジン版)』なのですが、実は超マイナー作品として、『ツインビーりたーんず』という作品の存在も忘れてはいけません。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

【名作発掘】 『ツインビーだ!(GB版)』─―ついにラスボス登場!あまり知られていないツインビー最終作!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
タイトル

シリーズの最終決戦は、ゲームボーイで!
白黒つけるぜ、ツインビー!プカプカ島に殴りこめ!

ゲームボーイ版『ツインビーだ!』は、ファミコン版ツインビーのゲームボーイへの縮小移植…と思っていたら大間違い。実は、ストーリー設定ではシリーズ最終作であり、スパイス大王やガトランティス、ポコポコ大魔王をどんぶり島に送り込んだ黒幕が姿を現す物語だったりします。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

【名作発掘】  『もえろ!ツインビー』――ファミコン初!3人同時プレイができる、ポップなシューティング!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
タイトル


それが、名作ツインビーの続編
『もえろツインビー シナモン博士を救え!』だ!


さあ今宵も、時代に埋もれしレトロゲームの歴史を紐解いていこう――。



続きを読む

【名作発掘】 『ツインビー(FC版)』─―2人協力プレイSTG!誰がためにベルは鳴る?

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
パッケージ


イチゴだ! カニだ! ピーマンだ! 負けるな、ツインビー!


戦闘機なのに手が生えている。攻撃を喰らうと救急車がやってくる。雲からベルが飛び出してくる。メルヘンであり、コミカルでもある世界観のシューティングゲーム『ツインビー』!2人同時プレイによって生じるランダムな状況変化は、プレーヤーに「協力」か「対決」かの選択を迫る。そんな魅力をもった本作が今回のテーマです。

さあ今宵も、時代に埋もれしレトロゲームの歴史を紐解いていこう――。



続きを読む

【秀作発掘】 『フォースギア』――グラディウスシリーズで唯一のキャラバンシューティング風味!

フォースギア_タイトル画像
やらなきゃハドソン

惑星グラディウス、その衛星軌道上にある兵器開発衛星で1機の可変型スペースファイターがロールアウトの時を迎えようとしていた。その名はα-GRAY。ビックバイパーから脈々と受け継がれてきたスペースファイターの最新機は、戦闘の局面に合わせて、人型と飛行型に可変できるものだった。しかし、まるでその誕生を阻止するかのように衛星軌道上にワープアウトしてくる存在が…。それは、新たなバクテリアンの部隊だった!必死に応戦するも、兵器開発衛星はバクテリアンの手に落ちてしまう。本星のグラディウス軍と合流を果たしたα-GRAYは装備を整え、2機の護衛機とともに衛星奪取に向かう。託された時間はわずか3分という短期決戦!オペレーション・フォースギア、始動!

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

【良作発掘】 『グラディウスIV 復活』――いわば、Traditional guardian 1999。

グラディウス4_タイトル
挑戦者は、
伝統の守護者として復活。
 
ゲームセンターは変わってしまった。かつては不良のたまり場だった場所は明るいライトで照らされ、女子高生がプリクラを撮るために集まるような場所に。オタカッコイイという、よく分からない人種が音ゲー・ダンスゲーに群がる。それはそれで楽しいのだが、あの時に感じた魅力が消えてしまったのも事実だ。

煙草の煙が漂う薄暗いスペースの中で、デジタルな絵と合成音がさまざまな世界を描いていたあの時代。狂気と退廃の空間の隅で、見たことがない宇宙を描いたあの作品が終わって10年。それは突然あらわれてこう私に告げた、「復活」と。

初プレイは、10年ぶりの同窓会に参加するような感じだった。しかし、再会したグラディウスは、思い出の中にあったソレとはちょっと違っていて…。おや? あれ? 心の中に膨らんでいくモヤモヤの正体は一体何なのだろうと悩んだ1999年でした。

さあ、今宵も、歴史に埋もれしレトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

【名作発掘】 『グラディウスIII 伝説から神話へ』─―殲滅戦争ついに終結!虚空に散ったすべてのバイパーたちに敬礼!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

Gradius_III_Art_01
難易度が高すぎるクソゲーだと?
人類の存亡をかけた総力戦において、何を寝言を言っている!
きさま、それでも軍人かっ!


人類は、ついにこの時を迎えるに至った。仇敵バクテリアンとの最終決戦である。サラマンダ軍、特殊部隊GOFERを打ち破ってきた惑星グラディウスの戦力を脅威と感じたバクテリアンたちは、いよいよ総力をもって侵攻を進めてきたのだ。バクテリアンとの対話は成り立たない。彼らに敗れるということは人類の死滅を意味する。「デストロイ ゼム オール!(殲滅戦を開始せよ!)」。拳を振り上げ、歓声をあげる若きビックバイパー乗りたち。しかし、彼らはまだ知らない。この戦いがかつて経験したどんな戦争よりも長く、どれほど凄惨な結果が待ち受けているかを。

グラディウスサーガ第三章がついに幕開く。さあ今宵も、時代に埋もれしレトロゲームの歴史を紐解いていこう――。



続きを読む
00管理人はこんな人
RETRO GAME RAIDERS

ジョーンズ博士

ライターとして働くのは仮の姿。その正体は、ゲームメーカーでのプランナー経験を活かし、日夜、埋もれていく名作ゲームを発掘し、その真の価値を世の中に広めようとしている正義のアホ。そんな私を俺は、「レトロゲームレイダース」と呼ぶ。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで

00当ブログの受賞履歴

livedoor Blog
金イチオシ× 43記事
銀イチオシ× 10記事


FINAL FANTASY III
  キャッチコピーコンテスト
          
  「涙が止まらないのは、
   きっと、タマネギのせいだ。」



ファミ通ブログ大賞
          優 秀 賞

スカパーイメージキャラ
  ネーミングコンテスト
        優勝(一応)
 
マグレックス
 MG5000ブログレビュー
          当 選





00アーカイブだよ

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド


00こんな記事書いたよ

最新記事(画像付)
記事検索
ブログランキング