#スーパーファミコン

◆ ご挨拶 ◆

このブログは、レトロゲームが好きな人 & これからレトロゲームを楽しみたい人向けの、レトロゲームの楽しさ再発見ブログです。歴史の中で埋もれてしまったそれらを発掘し、何がいいのか、どう面白いのかを、ちょっとマジメに考えて伝えようと思いました。専門家の方は、コメント欄でくわしい知識・思い出話で情報補完していただけると幸いです。

レトロゲームレビュー一覧

レトロゲームのシリーズ解説

ゲーム攻略記事

読者参加企画

【兄弟サイト】対戦格闘ゲームのコマンド表まとめ

【兄弟サイト】ゲーム以外のエンタメ情報


【終了間際!】Wiiバーチャルコンソールで購入しておくべきソフトたち(スーパーファミコン篇)

スーパーファミコンタイトル
スーパーファミコン篇

この記事は、いよいよサービス終了が近づいているWiiバーチャルコンソールのソフト群の中で、WiiUや3DSではバーチャルコンソール化されておらず、このまま消滅してしまうソフトをまとめたものです。今回は、スーパーファミコンソフトについて。とはいえ、さすがスーパーファミコンはWiiUや3DSでもVC化しているものが多く、対象となる本数は少ないです。この記事が、これからダウンロードする際の判断の一助になれば幸いです。m(_ _)m

※2018年03月24日16時、画像と作品説明を一部追加。
※2019年01月31日01時、作品説明を一部調整。



続きを読む

【名作発掘】 『かまいたちの夜』――これぞ至高のサウンドノベル!ゲレンデがとけるほど殺りこみたい!

かまいたちの夜_タイトル

『弟切草(おとぎりそう)』以降、スーパーファミコンではさまざまな類似作が作られましたが、サウンドノベルとして最高峰というべきは、この『かまいたちの夜』だと個人的に思っています。その完成度の高さ、ジャンルの開拓者という偉業は素晴らしく、続編ですらも初代には勝てませんでした。

さあ、外が吹雪く今宵は、歴史と豪雪に埋もれしレトロゲームの魅力を、除雪スコップで掘り起こしていきましょう――。



続きを読む

【名作発掘】 『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』─―世界を旅する大冒険って、こういうことさ。

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
タイトル
3人なら、きっと、乗り越えられる。

※本文一部追記(1/31更新)

『ドラゴンクエストII』がゲームプレイ直後に我々に与えてくれるもの――それは「絶望」だ。自分一人に対して、複数の敵が立ちはだかる。戦力的にこちらに圧倒的有利というわけでもないため、戦いは消耗戦。しかし、仲間が付いたことで、戦局は大きく変わる。戦術の幅が広がる。どんな事態に陥っても、どうにかなる道が拓けてくる。だから立ち向かえる。より強大な敵に対して。より広大な世界に向かって。

今夜も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力に迫ってみよう。
続きを読む

【名作発掘】 『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前編』――男の子と女の子、姉弟のように育った2人の勇気の物語。

新鬼ヶ島_タイトル画像

みんながよく知っている日本むかし話をベースにしつつ、誰も知らないまったく新しいむかし話が作られました。それが、こちらの作品。後に優れたアドベンチャーゲームをつくり続ける任天堂の初のアドベンチャーゲーム。ユーモアあふれる男の子と女の子の冒険譚。さまざまな出会いと別れ、少年の成長を描いた笑いながらエンディングで泣ける名作です。

さあ今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。

※この記事には少しネタバレが入っています。


続きを読む

【名作発掘】 『スターソルジャー』─―20世紀のRUNNING BOYたちの連射が世界を救ったあの夏。

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

スターソルジャー

現存する太古の文献によると、かつてこの国には10万人を超すスターソルジャーが存在し、飛来してきたブレイン軍を戦い、地球の平和を守ったという。黄の衣をまといて、10万人のスターソルジャーたちの頂点に君臨していた16連射のゴッドハンド。神具と謳われたジョイカードmk-II。1986年の暑い夏に何があったのか。その歴史の紐を解き明かしていこう―――。



続きを読む

【名作発掘】 『ロマンシング サ・ガ2』─―七英雄よ!追いつめられた人間のチカラ、あなどるなッ!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
タイトル
吟遊詩人は歌う。
何世代にわたって戦いつづけてきた皇帝たちのサーガを。



続きを読む

【名作発掘】 『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』――人生に大切なことはすべてダンジョンが教えてくれた。

タイトル
武器屋トルネコ、新たなる旅へ。

憎しみにかられて邪悪な進化を遂げたデスピサロを打ち倒し、世界は平和を迎えました。武器屋トルネコはエンドールのわが家へ。自分のお店を繁盛させる毎日へと戻ったのです。満ち足りているはずなのに、何か物足りない…。そんなトルネコは城下町で、不思議のダンジョンという不可思議な洞窟とそこに眠る誰も見たことがないお宝のウワサを聞くことに。せっかく手に入れたお店を引き渡し、家族といっしょに不思議のダンジョン探索の旅に出たのでした。『ドラゴンクエストIV』の後日談であり、武器屋トルネコが主人公のスピンオフ作品です。

さあ、今宵も、歴史に埋もれしレトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう⑥ 幻の大地編

ドラゴンクエスト06
テーマは自分探し。
ドラクエも自分探し。
 
この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう⑤ 天空の花嫁編

ドラゴンクエスト05
戦闘集団? いいえ家族です。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう③ 勇者の挑戦編

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

ドラゴンクエスト03
冒険の旅、それは勇者の挑戦。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズを振り返ってスーパーハイテンションにしておこう② 悪霊の神々編

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

ドラゴンクエスト02
果てしなき世界への遥かなる旅路、この道わが旅。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう① 竜王討伐編

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

タイトル
未開だったコンシューマRPGの広野を行く

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

【良作発掘】 『悪魔城ドラキュラ(SFC版)』――そこは、誰も見たことがない悪魔城!

title
「シモン、最後の戦い」と思いたい

スーパーファミコン版『悪魔城ドラキュラ』は、一般的には初代『悪魔城ドラキュラ』のリメイクといわれていますが、私は「シリーズ4作目にしてシモン・ベルモンド最後の戦い」という構想があったのではないかと邪推しています。今回はそのあたりも含めて話していきたいと思う次第です。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

【名作発掘】 『ワンダラーズ・フロム・イース(MSX2/2+)』――アドル・クリスティンの冒険は、ゲームジャンルを超えた!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
イース3
今度は、横スクロールアクションRPGになった!


6月7日、記事更新。

かすかな風が吹いていた。山岳地帯をこえて、海の近くにあるレドモンドの町へ続く街道は、人通りの少ないわりによく整備されている。道幅が広く、起伏もあまりない上に、未知の両端に立ち並んだ木々はさわやかな木かげを旅人たちに提供し、旅の疲れをいやしてくれる。道は小高い山々の尾根にそって切り開かれているので見晴らしも良かった。二人の旅人がいる。一人は屈強な男、もう一人は少年期を抜けようとしている赤毛の剣士。二人は"イース"と呼ばれていた国から旅をつづける放浪者だった。

さあ今宵も、歴史に埋もれしレトロゲームの魅力に迫ってみよう――。



続きを読む

【名作発掘】 『ドラゴンナイト4』――大好きなあの子を助けるため、少年は時をかける!

タイトル
PC版は間違いなく、名作です

コンシューマでは伝えられない物語がある。身体を重ね合わせるというコミュニケーションがあるからこそ、出てくる説得力がある。本作は、PC用の18禁美少女ゲーム。いわゆるエロゲーです。しかし、色眼鏡で見てこの作品を評価すると本質を見誤ってしまうでしょう。本作は、コンシューマにも移植されていますが、それらはチョットと違う。本当に名作なのは、PC版であると声を大にして言いたい。そして、DMMゲームが作った『ドラゴンナイトV』に対して「待望の続編とか言うな!」と言いたい私がいるのです。

さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いていこう――。


続きを読む

【NEWS】 ついに解禁!完全受注生産NEWニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディション、受付スタート!

ブログネタ
レトロゲームニュース に参加中!
3DS01
パッケージまでスーファミ仕様で、かわいいな。 

 続きを読む

【ゲームの名盤を探せ!】 『メサイヤゲームミュージックコレクションvol.1 ラングリッサーI・II・III』

ブログネタ
大好きゲームミュージック に参加中!
ラングリッサー
 
 
1991年にメガドライブでシリーズ第一作目を発売し、その後はPCエンジン、スーパーファミコン、セガサターン、プレイステーションなどの様々なハードで展開してきた戦術型シミュレーションRPGの大ヒットシリーズ『ラングリッサー』。このCDはシリーズ作品のうち下記タイトルの全BGMを、最新の録音技術によって各ゲーム実機から収録。

≪収録作品≫
・ラングリッサー(メガドライブ)
・ラングリッサー 光輝の末裔(PCエンジン)
・ラングリッサーII(メガドライブ)
・デア ラングリッサー(スーパーファミコン)
・ラングリッサーⅠ&Ⅱ(プレイステーション)
・ラングリッサーIII(セガサターン)





1クリックお願いします記事が面白いと思ったら1クリックいただけると助かります!

【おっさん必見】『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』のCMが懐かしすぎて、マスターソードを引き抜きたくなるレベル!

ブログネタ
レトロゲームニュース に参加中!
ゼルダの伝説
マジやばい。
忘れかけていた胸の高鳴りが、ガノンとともに甦る。

続きを読む
00管理人はこんな人
RETRO GAME RAIDERS

ジョーンズ博士

ライターとして働くのは仮の姿。その正体は、ゲームメーカーでのプランナー経験を活かし、日夜、埋もれていく名作ゲームを発掘し、その真の価値を世の中に広めようとしている正義のアホ。そんな私を俺は、「レトロゲームレイダース」と呼ぶ。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで

00当ブログの受賞履歴

livedoor Blog
金イチオシ× 43記事
銀イチオシ× 10記事


FINAL FANTASY III
  キャッチコピーコンテスト
          
  「涙が止まらないのは、
   きっと、タマネギのせいだ。」



ファミ通ブログ大賞
          優 秀 賞

スカパーイメージキャラ
  ネーミングコンテスト
        優勝(一応)
 
マグレックス
 MG5000ブログレビュー
          当 選





00アーカイブだよ

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド


00こんな記事書いたよ

最新記事(画像付)
記事検索
ブログランキング