#RPG

◆ ご挨拶 ◆

このブログは、レトロゲームが好きな人 & これからレトロゲームを楽しみたい人向けの、レトロゲームの楽しさ再発見ブログです。歴史の中で埋もれてしまったそれらを発掘し、何がいいのか、どう面白いのかを、ちょっとマジメに考えて伝えようと思いました。専門家の方は、コメント欄でくわしい知識・思い出話で情報補完していただけると幸いです。

レトロゲームレビュー一覧

レトロゲームのシリーズ解説

ゲーム攻略記事

読者参加企画

【兄弟サイト】対戦格闘ゲームのコマンド表まとめ

【兄弟サイト】ゲーム以外のエンタメ情報


【傑作発掘】 『ファイナルファンタジーII』――これは、何者でもなかった少年少女たちが、「何者」かへと成長していく物語。

ff2記事タイトル

今日で続くファイナルファンタジーシリーズの第二作。FF6までのマップデザインやレベルアップにわるパラメーター上昇など、初期FFシリーズのスタンダードを創ったとも言える作品です。クセのあるゲームシステムや最強魔法アルテマが弱いといったことがネタになりやすいのですが、俺は本作の魅力は「世界観」と「登場人物」であると思っていたりします。そんなわけで、今回の記事では「世界観」と「登場人物」の面から『ファイナルファンタジーII』の魅力を語っていきたいと思います。

さあ、今宵も、歴史に埋もれしレトロゲームの魅力を紐解いていこう――。

※2019年3月11日04時、画像追加。



続きを読む

【やっぱり名作】 3DS版ドラクエ7を大人が遊んでおいたほうがいい22の理由。

ブログネタ
ニンテンドー3DS に参加中!
3DSタイトル


さあ、冒険の世界へ旅立とう!
お母さん、夕ごはんまでには帰ってくるからね!

※読みにくいところを修正しました。



続きを読む

【魔洞発掘】 『魔洞戦紀 ディープダンジョン』――これぞ、男の世界!ディープな世界観とシンプルなゲームシステムの深淵へようこそ!

ディープダンジョン1_001

2019年現在、「ディープダンジョン」で検索すると、ファイナルファンタジー14のバトルコンテンツが検索上位に上がってしまうのですが、その昔、『魔洞戦紀 ディープダンジョン』という作品があったことを我々は忘れてはなりません。これがですね。お世辞にも「面白いからやってみろって!」と気軽に人に勧められるものではなくて。かなり難易度が高く、派手さもない、ダンジョンRPGなのです。しかし、それは発売当時の印象。今やってみると、なかなかどうして、味わいのあるゲームだと俺は思った今日この頃です。

さあ、今宵は、歴史の深淵の奥深くに埋もれてしまったレトロゲームの魅力を掘り起こすために、テキストで魔洞探索の旅に出ようではありませんか。



続きを読む

【秀作発掘】 『ビックリマンワールド』――侵食されていくワンダーボーイシリーズ。名人の次はロココ調。

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
タイトル
ソックリマンワールド。 

 「子ども用のオモチャなんだから、とりあえず、キャラクターを差し替えとけばいいだろ」。昭和の時代にはそんな大人都合のいい加減なオモチャがあふれていたわけですが、本作もそんなスタンスを感じる作品だったりします。とはいえ、ただのキャラクター差し替え作品で終わりにできない魅力もあるわけで。

さあ、今宵も、歴史に埋もれしレトロゲームの魅力を紐解いてみよう。



続きを読む

【名作発掘】 『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』─―世界を旅する大冒険って、こういうことさ。

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
タイトル
3人なら、きっと、乗り越えられる。

※本文一部追記(1/31更新)

『ドラゴンクエストII』がゲームプレイ直後に我々に与えてくれるもの――それは「絶望」だ。自分一人に対して、複数の敵が立ちはだかる。戦力的にこちらに圧倒的有利というわけでもないため、戦いは消耗戦。しかし、仲間が付いたことで、戦局は大きく変わる。戦術の幅が広がる。どんな事態に陥っても、どうにかなる道が拓けてくる。だから立ち向かえる。より強大な敵に対して。より広大な世界に向かって。

今夜も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力に迫ってみよう。
続きを読む

【名作発掘】 『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』――アルカード、闇に生まれし魔の狩人!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

タイトル

夜空に浮かぶ月だけが真実を知るのか?


時は1792年、ヨーロッパに再臨したドラキュラ伯爵はヴァンパイアハンターの青年リヒター・ベルモンド、そして退魔の力を持つ少女マリア・ラーネッドによって滅ぼされた。それから4年。伝説では100年に1度復活すると言われていた悪魔城が突如として出現。一方、リヒターは謎の失踪を遂げてしまう。この異様な事態に危機感を覚えたマリアは悪魔城を消すため、そしてリヒターの消息を掴むために再びドラキュラ城に向かうことを決意する。


同じ頃、ある男が深い眠りから目覚めた。男の名はアルカード。かつてヴァンパイアハンター、ラルフ・C・ベルモンドと共に父ドラキュラを倒した夜の一族。悪魔城の出現、そして自らの覚醒に宿命の時が来たこと感じたアルカードはかつての忌まわしき故郷に再び足を向ける。


さあ、今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いてみよう――。



続きを読む

【名作発掘】 『 ラストハルマゲドン 』 モンスター vs エイリアン、黙示録は人類を見捨てて最終章に突入する!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

lastarmagedoon
エ モ ノ が い た ぜ !


「モンスター vs エイリアン」などと聞くと、どこぞの映画配給会社がレンタル用に仕入れてきたどうしようもない企画映画…などと思われてしまう今日この頃。しかし、今から23年前の1988年、この阿呆っぽいテーマで、人類の滅亡と再生までを描く壮大なサーガが存在した。その名は『 ラストハルマゲドン 』。

さあ、今夜も、埋もれし歴史の一頁を紐解いてみよう――。



続きを読む

【名作発掘】 『ロマンシング サ・ガ2』─―七英雄よ!追いつめられた人間のチカラ、あなどるなッ!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!
タイトル
吟遊詩人は歌う。
何世代にわたって戦いつづけてきた皇帝たちのサーガを。



続きを読む

【名作発掘】 『魔界塔士SaGa』――コンパクトなのに果てしない。人間賛歌のRPG。

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

タイトル


私はストーリー重視のRPGがキライです。ゲームにはゲームの身の丈にあったストーリーがちょうどいいと思っているから。だが、それは間違いでした。私はとんでもないメッセージ性の強い「傑作」の存在を不覚にも見過ごしていたのです。今回、記事を書くにあたって10時間ほどプレイしてみて気がつきました。それが、今回発掘したスクウェアのRPG『魔界塔士Sa・Ga』です。

今夜も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力に迫ってみよう。

※ネタバレがあります※



続きを読む

【名作発掘】 『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』――人生に大切なことはすべてダンジョンが教えてくれた。

タイトル
武器屋トルネコ、新たなる旅へ。

憎しみにかられて邪悪な進化を遂げたデスピサロを打ち倒し、世界は平和を迎えました。武器屋トルネコはエンドールのわが家へ。自分のお店を繁盛させる毎日へと戻ったのです。満ち足りているはずなのに、何か物足りない…。そんなトルネコは城下町で、不思議のダンジョンという不可思議な洞窟とそこに眠る誰も見たことがないお宝のウワサを聞くことに。せっかく手に入れたお店を引き渡し、家族といっしょに不思議のダンジョン探索の旅に出たのでした。『ドラゴンクエストIV』の後日談であり、武器屋トルネコが主人公のスピンオフ作品です。

さあ、今宵も、歴史に埋もれしレトロゲームの魅力を紐解いていこう――。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう⑨ 星空の守り人編

ドラクエ9記事用
野を越え、山を越える冒険がここに。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう⑧ 空と海と大地と呪われし姫君編

57eb4ce3
目の前に広がっていたのは、世界でした。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう⑦ エデンの戦士たち編

8e61ea24
小さな冒険が、大きな冒険へ。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう⑥ 幻の大地編

ドラゴンクエスト06
テーマは自分探し。
ドラクエも自分探し。
 
この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう⑤ 天空の花嫁編

ドラゴンクエスト05
戦闘集団? いいえ家族です。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう④ 導かれし者たち編

ドラゴンクエスト04
勇者はひとり征く。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう③ 勇者の挑戦編

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

ドラゴンクエスト03
冒険の旅、それは勇者の挑戦。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズを振り返ってスーパーハイテンションにしておこう② 悪霊の神々編

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

ドラゴンクエスト02
果てしなき世界への遥かなる旅路、この道わが旅。

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

シリーズをふり返ってスーパーハイテンションにしておこう① 竜王討伐編

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

タイトル
未開だったコンシューマRPGの広野を行く

この記事は、『ドラゴンクエストXI』を最大限に楽しむために、シリーズの変遷を回想していくシリーズ記事です。再掲載となります。



続きを読む

【迷作発掘】 『ドラキュラII 呪いの封印』─―戦いの決着はアクションRPGで!シモン最終血戦!

ブログネタ
「思い出に残っているゲーム」を教えてください に参加中!

title2

傷ついた体にムチ打って。


シモン・ベルモンドとドラキュラ伯爵の戦いは決着がついたかのように思われた。しかし、我々は驚愕の事実を知る。戦いに勝ったシモンだったが、その戦いの中で付けられた傷が原因でもはや余命あとわずかだという。この世に正義はないのか?ハッピーエンドでは終わらせない。そんなファミコンディスクシステムで静かに始まったダークファンタジー『悪魔城ドラキュラ』。その続編がいよいよ幕を開ける。あれから7年。血のざわめきはまだ終わらない――。

今宵も、歴史に埋もれし、レトロゲームの魅力を紐解いてみよう――。



続きを読む
00管理人はこんな人
RETRO GAME RAIDERS

ジョーンズ博士

ライターとして働くのは仮の姿。その正体は、ゲームメーカーでのプランナー経験を活かし、日夜、埋もれていく名作ゲームを発掘し、その真の価値を世の中に広めようとしている正義のアホ。そんな私を俺は、「レトロゲームレイダース」と呼ぶ。

お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで

00当ブログの受賞履歴

livedoor Blog
金イチオシ× 43記事
銀イチオシ× 10記事


FINAL FANTASY III
  キャッチコピーコンテスト
          
  「涙が止まらないのは、
   きっと、タマネギのせいだ。」



ファミ通ブログ大賞
          優 秀 賞

スカパーイメージキャラ
  ネーミングコンテスト
        優勝(一応)
 
マグレックス
 MG5000ブログレビュー
          当 選





00アーカイブだよ

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド


00こんな記事書いたよ

最新記事(画像付)
記事検索
ブログランキング